« 特許調査とは探し出すこと? | トップページ | 特許調査は目的ではない »

2018年6月21日 (木)

J-PlatPatの闇 その1

今年(2018年)3月にJ-PlatPatは機能改善された事になっていますが、その実態はとても改善とは思えない改悪が起きているという事がいくつか明らかになっています。そこで僕が気になっている問題点をとりあえず一つ挙げます。

例えばこれは2018年6月14日(木)の朝9時過ぎにおける状態です。

特許庁の公報発行予定表では2018年6月14日に特許公開公報として特開2018-088831~093730が発行されることになっています。そして特許・実用新案番号照会ではこの範囲内の任意の公報が収録されていて出力可能になっています。試しに特開2018-093730はパナソニックIPマネジメント出願の「無線電力伝送のための送電装置および…」という公報です。しかしこれを特許・実用新案検索の方で、タイトルや出願人を基に検索しようとしても(1)ヒットせず、この公報が収録されていないことがわかります。
そこでこの特許・実用新案検索で<公開日=20180614>で検索するとヒット件数が217件になりますが、一覧表示を見るとヒットした文献は全て特許「登録」公報(特許6085063から特許6343088まで217件)になっています。つまりこの時点では2018年6月14日に発行された特許公開公報は収録されておらず、前日までに収録された特許登録公報の「書誌事項データ」のファイルに公開日として20180614と入力されている公報のみがヒットした、と考えられます。

ちなみにこの状態、午後3時頃に再度<公開日=20180614>と検索すると4900件(2)ヒットします。つまり特許・実用新案検索では当日に発行された公開公報全件が「午後3時頃には」収録されている事がわかります。つまり特許・実用新案番号照会と特許・実用新案検索ではデータアップ時刻にタイムラグが存在しているという面倒くさい状態になっています。
そして更に問題なのは特許・実用新案検索の文献蓄積情報には朝の時点で6/14分、つまり特開2018-093730まで収録されていると記載されている事です。これは明らかな欺瞞としか言いようがありません。

木曜日の公開公報発行日だと発行件数が明らかに少ないのでわかりますが、さらに危ないのは登録公報発行の水曜日。公開(等)公報が発行されていない1割弱の特許公報のみがヒットしないので件数的に気がつかない可能性があります。

というわけで皆様にご忠告します。SDI等を行う時に公報発行日だからといって朝一番で検索しても正しい結果はまったく得られません。興味ある方は木曜日9時過(~15時頃)に試してみてはいかがでしょうか。


(1)以前のテキスト検索では公報番号等による検索が可能だったが、今年3月の機能改定によって特許・実用新案検索における番号検索が不可能になりました。もしかしたらこのバグを知っていて番号検索機能を外したのかも?
(2)088831~093730は計4900件、つまり抜け番等なく発行されています。

« 特許調査とは探し出すこと? | トップページ | 特許調査は目的ではない »

コメント

ニュースのところに「15時以降に蓄積」と記載してありました。
https://www7.j-platpat.inpit.go.jp/tjk/NEWS/tjktnews.html

…前から書いてありましたっけ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特許調査とは探し出すこと? | トップページ | 特許調査は目的ではない »