« 「特許調査の頼み方」 レジメ | トップページ | 「技術者が行う特許調査」レジメ »

2019年3月26日 (火)

検索式の意味するところ

特許調査とは所望の資料の有無を確認することであり、対象の資料がなるべく全て含まれるように調査範囲を設定する必要があり、その範囲を策定するのが検索式です。適切な検索式によって策定された母集団の中には対象資料が含まれていますが、ではその母集団自体はどのような意味があるのでしょうか。

ある概念が記載された特許資料を検出する場合、検索式として通常はキーワードと分類を検索キーとして用います。そこでキーワード検索と分類検索について考えます。

キーワード検索は資料の特定の箇所にその語句が用いられた資料が母集団となります。例えば「本文=鉛筆」というキーワードで検索を行うと、本文中のどこかに「鉛筆」という語が用いられた資料がヒットするわけであり、鉛筆を技術特徴や利用分野としている資料を選抜するわけではありません。つまりキーワード検索は資料の概念を選択しているのではないのです。

それに対して分類検索は指定した分類が付与された特許がヒットしますので、指定の特許分類の定義に該当する概念の資料が母集団になります。しかしながら所望の資料全体を示す概念そのものが特許分類に相当する場合を除くと、概念的に重なりがあったとしても同じではないので、分類検索によって所望の概念を選抜するのは困難です。

つまり検索式により検出された資料はあくまで指定の分類、キーワードを含む資料の集合であって、「○○の××に関する技術」といった特定の概念範囲を規定するものではないのです。これまでblogで書いてきたように所望の資料が母集団から漏れないように検索式を作成することは可能でも、検索でヒットした資料全てが所望の概念に該当する検索式というのは基本的に不可能だと思います。

特許検索については良く「ノイズを減らす」という言い方がされます。検索で抽出された集団の中で自分達が意図していない資料をノイズと呼ぶのですが、そもそも検索式で母集団を特定の概念に規定する集合に限定すること自体が無理なのですから、検索式が正しくても意図していない資料が検出されるのは当然です。検索式を適正化するには「ノイズを減らす」というよりは必要な資料が漏れ落ちないような更なる限定条件を見出す、という考え方の方が適格でしょう。

最近は分析ツールを用いた特許分析が主流ですが、通常は検索式でヒットした特許「全件」を対象母集団としています。ということは母集団全体がどういう概念を意味しているのかが大変重要なはずなのですが、そこまで踏み込んで式作成をしているケースはあまり見受けられません。ツールによるマクロな分析は大まかな潮流を見るには適切でも「特定の概念」を精査するのには向いていない~という事は「検索式の意味」を考えると分かっていただけるのではないでしょうか。

« 「特許調査の頼み方」 レジメ | トップページ | 「技術者が行う特許調査」レジメ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「特許調査の頼み方」 レジメ | トップページ | 「技術者が行う特許調査」レジメ »